PC / TOP
【解説】
・ゲームに登場する主なノンプレイヤー・キャラクター(NPC)です。
・冒険記『キルトログ記』において、
初登場時、名前が緑色の人物がNPCです。
・冒険記『キルトログ記』は、作中人物の視点で描写されるため、プレイヤーが操作するプレイヤー・キャラクター(PC)と、表面上では区別されません。
・PCに関しては
こちらをご覧下さい。

 ウィンダス連邦――要人
【星の神子】 ウィンダス連邦の祭祀であり、最高責任者。女神アルタナの生まれ変わりとされ、天文泉で国政を占う。
【シャントット】 もと口の院院長。ウィンダス連邦随一の美人。破天荒な言動から周囲に恐れられている。呪いの達人。
【ヨラン・オラン】 もと鼻の院院長。マンドラゴラの生態について研究している。
【コル・モル】 もと耳の院院長。隕石について一家言を持つ。文通相手のモジジちゃんに恋慕している。
【アジド・マルジド】 現口の院院長。伝説のカラハ・バルハが残した禁断の魔法を探求しており、問題の多い人物とみなされている。
【アプルル】 現手の院院長。アジド・マルジドの妹。
【トスカ・ポリカ】 現目の院院長。魔法書の研究家。
【ルクスス】 現鼻の院院長。出張中
【セーダル・ゴジャル】 現耳の院院長。魔法学校校長だが、長く行方が知れないため、現在はコル・モル博士が復職して彼の帰参を待っている。
【ズババ】 天の塔侍女長。部下に厳しいため、陰で「鬼」と呼ばれる。
【ペリィ・ヴァシャイ】 現ミスラの老族長。
【セミ・ラフィーナ】 星の神子を警護する守護戦士のリーダー。ミスラ族次期族長と噂されるが、タルタルに迎合しているとの批判から、敵も多い。
【カラハ・バルハ】 伝説の大魔道士。20年前のクリスタル戦争で召還魔法を復活させ、人類に勝利を呼び込んだ。魔法がもとで亡くなったと噂される。
【ゾンパ・ジッパ】 元手の院院長。カーディアンの発明者だが、反逆を起こした彼らに拉致されて行方不明となる。アジド・マルジドとアプルルの父。
 ウィンダス連邦――その他
【ナナー・ミーゴ】 「泥棒ミスラ」として有名なウィンダスの盗賊。
【コーラロ・コロ】 正義感に燃える子供たちが結成した自警団、スターオニオンズ団の団長。
【ピチチ】 スターオニオンズ団団員。『ララブのしっぽ』亭のおかみ、チャママの娘。のんびりした性格。
【ゾキマ・ロキマ】 石の区ガード隊長。
【ラコ・ブーマ】 森の区ガード隊長。
【ヴァン・パイニーシャ】 天文泉付きの守護戦士のひとり。
【ヘイムジ・ケイムジ】 ジュノ駐在大使。デルクフの塔で行方不明になる。
【パット・ポット】 バストゥーク駐在大使。左遷させられたという思いから、日々脾肉の嘆を囲い、無能な部下を怒鳴りつけている。
 サンドリア王国――要人
【デスティン】 第26代サンドリア王国国王。
【トリオン】 サンドリア王国第一王子。優れた剣士として評判。次期王位を争うピエージュとは犬猿の仲。
【ピエージュ】 サンドリア王国第二王子。政治家として卓越した手腕を発揮する。次期王位を争うトリオンとは犬猿の仲。
【クレーディ】 サンドリア王国第一王女。トリオンとピエージュの妹。兄たちの確執を苦々しく思っている。
【ローテ】 王妃。15年前に死亡。ドラギーユ城内の美しい中庭には、彼女の名が冠されている。
【ハルヴァー】 サンドリア王国宰相。有能だが、他国の冒険者を見下す態度はひと一倍。
【シャマンド】 サンドリア国教会教皇。まれにバルコニーに姿を現して説教を行う。
【ラーアル】 サンドリア王立騎士団団長。
【クリルラ】 サンドリア神殿騎士団団長。女性ながら剣の達人として名高く、その腕前は武道大会でトリオン王子を打ち負かしたほど。
【ランペール】 サンドリア王国の中興の祖。200年前に内戦をまとめて王座につき、国家の滅亡を救った。死後は龍王と呼ばれ、ロンフォール南部の墳墓に葬られた。
【オルデール】 サンドリアの歴史に名高い冒険家。本名トルレザーペ・B・オルデール(733-768)。759年、視察官として謎の鍾乳洞内部を探索、地図を作成したが、突然の病に倒れ若くして死亡した。その功績がたたえられ、以後同地は「オルデール鍾乳洞」の名で呼ばれるようになった。
 バストゥーク共和国――要人
【カルスト】 シドの推薦を受けて就任した現大統領。その若さから軽く見られているふしがあるが……・・。
【シド】 大工房長。新しい発明を次々に生み出す天才技術者。
【フォルカー】 ミスリル銃士隊隊長。20年前の対戦で闇の王にとどめをさしたといわれる。
【アヤメ】 ミスリル銃士隊の紅一点。調査でパルブロ鉱山に赴き、闇の王の復活を知る。
【アイアンイーター】 ミスリル銃士隊隊員。ウェライより剣と銃の手ほどきを受けた。現在ナンバー3の腕前。
【ナジ】 ミスリル銃士隊隊員。
 バストゥーク共和国――その他
【ラオグリム】 ガルカの語り部。元ミスリル銃士隊隊長。北方合同調査隊に参加し、ボスディン氷河で死亡する。
【ウェライ】 鉱山区に住む老ガルカ。「語り部」の代役的存在だったが、転生の旅へ出発した。
【バベン】 鉱山区に住む老ガルカ。偏屈な性格だが……。
【パラゴ】 鉱山区に住む老ガルカ。天晶堂から『パルブロ鉱山記』を入手しようとする。
【グンバ】 ウェライと同居していたガルカの子供。20歳。
【デッツォ】 年下のグンバをライバルとみなすガルカの子供。
【コーネリア】 ヒュームの少女。バストゥークの歴史を学ぶにつれて、親ガルカ派となっていく。
【ザイド】 ガルカの暗黒騎士。Kiltrogに暗黒道を手ほどきする。
【ダイドッグ】 ラオグリムの幼馴染み。鉱山区の下町に住む。
【グィンハム・アイアンハート】 歴史に名高いヒュームの冒険家。バストゥーク生まれ。長年船乗りとして過ごしたのち、748年から徒歩で世界を巡回。クォン大陸主要部分の正確な地図を作成するが、大陸北方のバルドニアで死亡したと噂される。
【エニッド・アイアンハート】 グィンハム・アイアンハートの娘。父の志を受け継ぎ、ミンダルシア大陸の主要部分を踏破した。
 ジュノ大公国――要人
【カムラナート】 現大公。ヒューム男性。容姿が変わらない点をはじめ、謎の多い人物。
【エルドナーシュ】 カムラナートの弟。幼いが多芸多才で、兄とともに国政を担当する。
【ナグモラーダ】 ジュノ大公国外交官。大公の諮問組織アルマター機関の長。
【エシャンタール】 ジュノ大公国首相。表に姿を現さない大公に代わり、国政を担当する。
 ジュノ大公国――その他
【アルド】 「天晶堂」のリーダー。先代から組織を受け継ぎ、若くして裏社会のボスとして君臨する。
【フェレーナ】 アルドの妹。優しい性格を持ち、天晶堂会員に慕われる。
【フィック】 ジュノ在住の心優しきゴブリン。
【マックビクス】 ゴブリンの商人。ジュノ下層にてジャンク屋を経営している。
【ウォルフガング】 ジュノの親衛隊隊長。ヒューム男性。モンブローと兄弟同様に育ったが、出世後に態度を変化させたため評判を落としている。
【モンブロー】 ジュノの町医者。エルヴァーン男性。ウォルフガングの竹馬の友。採算を度外視して患者をみるために、慈悲深い医者だとの評判を受ける
【マート】 オーロラ宮殿の庭にいる老人。冒険者に限界突破を指導する。
【コレット】 ガルムートを兄と慕うヒュームの少女。
【チュルル】 ジュノ下層占い館の女主人。隣りのクロウ・モロウとは犬猿の仲のようだが……
 その他
【アベラルド】 セルビナ町長。ヒュームの老人。アイアンハート親娘の足跡をたどるため、冒険者に碑文の収集を依頼する。
【マチルド】 大戦で記憶をなくしたヒューム女性。現在は織工ギルドに身を寄せる。一児の母。
【エコココ】 マウラ総督。
【ライオン】 謎の冒険者。ヴァナ・ディールを取り巻く陰謀に深く関わっているようだが……
【ギルガメッシュ】 海賊の長にしてノーグの為政者。精悍な老人。
【ジャコ・ワーコンダロ】 エルシモ島の猟師町カザムの族長。
【謎の少年】 デルクフ爆破事件の重要参考人。正体不明、神出鬼没で、各地のマザー・クリスタルのもとに出現する。
【プリッシュ】 タブナジア地下壕の少女。周囲の人間に恐れられているような節があるが……
【ジャスティニアス】 タブナジア地下壕自警団のリーダー。斧の達人。
【チェブキー兄妹】 タブナジア地下壕に住むタルタルの三兄妹。マッキー・チェブキー、クッキー・チェブキー、チェルキキの三人。
【闇の王】 20年前のクリスタル戦争で獣人軍を率いた。封印されたはずだったが、再び不穏な動きが……
PC / TOP
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット