その413

キルトログ、最後の試練を受ける(4)

 次の瞬間、私は防戦一方に追い込まれていた。敵がマイティストライクを使って、容赦なく殴りかかってきたからである。

 敵の攻撃は強力だった。瀕死状態とはとても思われぬ。私は絶望の念にとらわれたが、何とか踏みとどまった。ハイポーションを喉に通したとき、氷のように冷静になった。嵐のような30秒をどうしのぐか? コロッサルアクスは防御の役に立たない。これはレイジングラッシュの一人連携用であって、イカロスウィングの副作用が続いている今、両手斧にしがみついている意味はない。そう思って荷物袋をさぐったら、たまたまダークバックラーが手に触れた。神の助けと盾を取り出し、前面にかざした。これにはRagnarokの銘が入っている。だとしたら助けてくれたのは、暁の女神アルタナではなく、他でもない私の友人たちだったのかもしれぬ。

 頭の中に、ひとつのアイデアがあった。賭けだった。盾の背後に、不慣れに身体を縮めながら、もうひとつの得物を取り出した。私は耐えた。30秒が過ぎたが、私は何とか生きていた。虎視眈々と反撃の機会をうかがい、TPが100に達した瞬間、ディフェンダーを切り、全力で片手斧で打ってかかった。

「ランページ!」

 片手なだけに不慣れで、バーサクも、ウォークライも、マイティストライクの効果もない。斧は確実に敵の身体を捉え、一度、二度、三度、四度、五度、彼を打ち据えたが、いずれの手ごたえも中途半端で弱々しいものだった。
 私が続く攻撃のために斧を振り上げたとき、

「待て」

 突然マートが言い、どっかりと地面にあぐらをかいた。

「参った。ここまでだ。お前さんの強さ、しかと見せてもらったぞ」

 ハイポーションを飲みながら彼の降参を聞いた。そのとき腰の袋には、あと一服の薬しか残ってはいなかった。


 モグハウスに手紙が届いていた。差出人はLeeshaだった。開いてみたら、文字はひとつもなく、涙を流した顔がひとつ書かれているだけだった。彼女は何日か前、マートに二度目の挑戦をして、惜しくも時間切れで失格となっていた。決死の覚悟で三度目に臨んだはずだが、手紙を見る限りでは、また合格を逃したようだ。愛すべき妻のために、再度書類を取って来なければならない。とはいえ私も疲れていた。鎧も脱がず寝床に倒れ込み、とにかく今は眠って、無事朝を迎えられたら、マートをもう一度訪ねてみよう、とぼんやり考えた。


 翌朝、体力を取り戻した私は、大公邸の庭でマートに会った。彼は体操をしていた。つい昨日、死闘を繰り広げたとはとても考えられぬ。笑い声は快活であるし、動作のひとつひとつがきびきびしていて、少なくとも見かけ上は、全くいつもの健康ぶりを保っているように思われた。

 彼は私を見とめると――意外ではあるが――少し不機嫌そうな顔をした。
「お前さんに教えることはもう何もないぞ」

 彼の言葉に取り合わず、私は頭を下げた。
「先日のお礼に参りました」
「そんなものはよいのだ。わしは忙しいのよ。ひまなふうに見えても、教え子が大勢いるからな。そいつらが来たらまた一仕事だ。それに、そろそろモンブローも往診に来る時間だしの」
「どこかお身体が?」
 モーグリがクポーと鳴いた。聞くだけ野暮だったようだ。一晩寝たらたいていの傷は治ってしまうくちらしい。冒険者がそうであるように。
「構わんというのに、あいつが勝手に来るのよ」
 いかにもモンブローらしい話だ、と私は思った。
「確かに、わしも老いぼれたがの」
「老師はまだまだお元気ですよ」
「気休めを言うな。わしが全盛期の力を出したら、悪いがの、お前さんに遅れを取ることはない」
 私は無言で同意を示した。

「とはいえ、自信を持っていいぞ」
 機嫌を直したのか、マートはにっこりと笑った。
「お前さんは最後の試験に合格した。鍛錬を続ければ、最後のひと伸びがあるだろう。かつてのわしのようにの」
「はい」
「もっとも、先生ぶったところで、もしかしたらお前さんの方が年長かもしれんのだがの。何しろそっちはガルカだからな……ほほ」
「老師はおいくつなんですか?」 

 マートは答えなかった。南から冷たい風が吹いてきた。かすかな潮の匂いを感じ、ジュノが臨海領であることをぼんやり思い出した。海峡の上に築かれた、新しい陸地、そういう国土のいきさつは、どことなくトゥー・リアを連想させるものがある。

「昔、ジュノはのどかな漁村だったのだよ」
 マートはやわらかい声で言った。
「人口が100人にも足りぬ集落での。貧しかったが、気のいい村人が多くて、笑い声が絶えなかった。当時からすると、今の盛況は考えられぬよ。バタリアやソロムグは危険で、大陸を渡る者はぜんぜん少なかったし、定期的に寄る者があるとすれば、バストア海を巡る船の船長くらいだった」
「船長?」
「腕っぷしの強い男での。集落と、そこに住む人々を大変に愛しておった」
 彼は遠い目で風上を見つめた。
「あの日、彼がふたりを連れ帰らねばの。この国の、いや、ヴァナ・ディールの歴史は変わっていたと思うが……」
 どういうことです、と私は尋ねた。


「ある夜、大きな時化があった。彼が苦労して船をあやつり、集落に向かっているとき、偶然波間に漂っている、ふたりのヒュームの男を見つけたのじゃ。
 彼らは若かった。ひとりは成人したて、もうひとりはまだ幼い少年だった。血がつながっているらしく、ふたりとも美しい金髪で、陶器のような滑らかな肌を持っていた。船長はふたりを助けあげ、集落で介抱をした。おかげで助かったが、彼らがどこの出身なのか、何という船に乗って難破したのかは、結局わからなかった。というのも、彼らが集落に落ち着き、人々の尊敬を集めだしてからも、決して自分たちの出自を語ろうとはしなかったからじゃ。

 そう、彼らは人心を掌握した。言葉は悪いが、魔物のように人をひきつける力があった。彼らは富を手に入れる無数のアイデアを持ち、次々にそれを実現していった。夢のような話じゃ……いったい、誰が信じる? 寂れた漁村が、たちまちのうちに人口を集めていき、最先端の科学技術を手に入れ、わずか数十年で国家を築き、世界の中心国にまで育とうとは! 昨日、小さな漁船の泊まった港に、今日飛空挺が着水する……言うならば、そういう変化じゃった。ヴァナ・ディール中の富が流入し、人々は裕福になった。だがそこはすでに、船長の愛するジュノではなくなっていたんじゃな。
 ジュノが豊かになっていくのを、彼が喜ばなかったわけじゃない。しかし変化はあまりに早く、戸惑いを抑えられなかった。それをもたらした二人組に、ひそかな不信感を抱くようになった。村人へ忠告はしたのじゃよ。だが誰も、船長の言葉には耳を貸さなかった。もはや彼ひとりが何をしても、回りだした歯車を止めることは出来なかったのじゃ」

(私たちクリューの民と、暁の巫女たちは、神の扉計画に強く反対した)
 グラビトン・ベリサーチの言葉を思い出した。
(しかし私たちの意見は、熱に浮かされたジラートの声にかき消された……)
「何とかして止めようとはしなかったのですか」
 私は尋ねた。「その……船長は」
 クリスタルラインの爆発。

「なあ、ものごとには勢いというものが、流れというものがある。時代の趨勢に抗うことは出来ない。無理をすれば大きな犠牲を出さずには済まん。もちろんそんなことは、彼の本意ではなかった。ではどうするか? 
 彼の自由になるものがたったひとつだけあった。
 すなわち……己の肉体じゃ。
 彼はひたすら、自分自身を鍛え、強くしようとした。船をおり、第二の人生を、強さの探求に費やした。武器防具に精通し、格闘技を身につけ、白魔法、黒魔法、歌、弓術、盗みの技術を学び、騎士の防御術、竜を含む生き物の操作術、東洋の武術忍術――挙句の果てには、禁忌であった召喚魔法にすら手を出して、ありとあらゆる戦闘術を習得し、達人と呼ばれる男になった。
 もしかしたら、それは逃避だったのかもしれん。彼は自分を鍛えずにはおれなかったが、そもそもは、己が無力だと感じたからなのじゃ。長い長い修行が終わり、高みに立ったとき、得たものは確実にあった。しかし、すべては手遅れじゃった。彼は老いていた。そして、彼の愛したジュノも、彼が愛したままのジュノではとうになくなっていた。
 彼は、自分の得たものを、次の世代へ継承させることにした。時の流れの中でもがく者たちに、勇気と牙を与えるために。彼はいつだって、自分が出来ることしかやらなかった。だが、もう少し頭が回ったなら、結果は違っていたのかもしれんの……ほほほ。不器用な話じゃて……」


 石畳を踏む靴音が聞こえて、私は振り返った。痩身のエルヴァーンが近づいてくるところだった。
「おはようございます、マートさん」
 モンブローはにこやかに手を振った。
「身体の調子はいかがですか」

「言われるまでもない、ピンピンしておるわい」
 マートは笑いながら、肩をぐるぐると回してみせた。
「お前さんも毎回、ここに来るだけ無駄足じゃの。ほほ」
「無駄足であるのが何よりなんです」
 モンブローはにっこりと笑った。
「医者と坊主の出番は少ない方がいい。そうでしょう」

「ねえマートさん」
「うむ?」
「船長さんは、いったい何を守りたかったのでしょうか?」

 医師は話を聞いていたようだった。しかしマートはうろたえなかった。うむ、と唸ってあごひげを握り、真剣な面持ちでうつむいた。
「それはそれとして……ときにお前さんは、何が目的で医者をやっているんじゃ?」

「お金のためではありませんよ」
 モンブローはぴしゃりと言った。
「そうですね……私の場合は、おそらく……みんなに笑顔でいて欲しいってことですね。富める者だけでなく、貧しい者も、病の者も、怪我をした者も、老いも若きも。みんな平等にです」
「きっと、彼も同じ気持ちだったんじゃろう」
「なるほど……そうなのかもしれませんね」

 モンブローは去って行った。マートは彼の背中に向かって、「ウォルフガングを頼むぞ!」と声をかけた。医師がちらとこちらを振り返ったが、逆光に邪魔をされて、表情までを伺うことは出来なかった。

 医師が見えなくなってから、私はマートに声をかけた。
「老師が、なぜ我々を導いて下さるか、初めてわかったように思います」
「導くなどと」
 彼は吐き捨てて、
「わしがしているのは、ささやかな手助けに過ぎん。結局殻をやぶるのは、雛自身のくちばしよ。Kiltrogよう頑張ったの」
「ありがとうございました」
「対戦相手が欲しいときは、いつでもおいで。そのときは、必ず証を持ってくるようにな。お前さんとの試合は面白かったが、お前さんだけ特別あつかいというわけにはいかんからのう」

 私はきびすを返し、宮殿のところまで戻った。遠くから深々と一礼をした。私は知っている。ちっぽけだが強い意志が、世界を変えることがあることを。彼自身はそれを果たせなかったが、その不器用な意志は、彼の弟子たちへと受け継がれた。無数の、星の輝きを手にした勇者たちへと。
 
 我々は刺客となって、クリスタルの戦士に挑む。決戦の日は近い。


(05.12.14)
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット