その432

キルトログ、聖者の招待を受ける(1)

「Kiltrog、きみに召喚状が来ているのだ」 

 天の塔ガード詰め所を訪れたとき、隊長のゾキマ・ロキマが私に言った。彼が封筒を差し出す。なるほど、星の神子さまの封蝋がついている。私は無造作に封筒を開けて、中を確かめた。早急に出頭するように、という短い文章で、具体的な指示はない。会って話すということなのだろう。

「けっこう前に出された文書なのだが、渡すのが遅れてしまった。なかなかきみが帰国しなかったからな」
「すいません」
「大事な用事でもあったのかな? ジュノの方で」
「ええ、まあね」
「何にせよ、無事に渡せてよかった」
 ゾキマ・ロキマはにっこり笑った。
「聞いているか、例の、口の院院長に対する処分……」

「まだ闇牢の中なのですか」
 封書を折り曲げながら尋ねた。ゾキマ・ロキマは「知っていたか」とかぶりを振った。彼の様子を見る限りでは、何か進展があったというわけではなさそうである。

「闇牢につながれるなど、20年ぶりの重刑だよ。アジド・マルジドといえば、切れ者で通っていたのだが、あわれなものだ。功を急いだのだな。過ぎた野望は身の破滅を招く……」
「まこと」
「ところで、彼に協力していた冒険者がいるらしいぞ」
「そうですか」私は顎を撫でた。
「では、その冒険者も捕えられたので?」


ゾキマ・ロキマ(左から2人目)

 ゾキマ・ロキマは、ふるふると首を横に振った。
「そういう話は、ついぞ聞かないな。それに、手配書が回ってきているというわけでもないし」
「セミ・ラフィーナどのは有能なお方です。そんな人物がいるなら、必ず正体をつきとめるでしょう」
「彼女の考えているところはわからんよ。こういうことをあまり言いたくはないが……種族が違うと、考え方もずいぶん違う。こう見えても、私はガードを務めて長いのだが、日ごろ仲間として接しているにもかかわらず、まだ真にミスラを理解できないでいるのだ」
「お察しします」
「そして、ガルカの気持ちもな」
「……」
「しばらくは、冒険者に対する警備を、厳重にしなければならない」 
 ゾキマ・ロキマは背筋を伸ばした。
「きみたちに対して、つらく当たらなければならんこともある。だがこれも、連邦を守るためなのだ。どうかわかってくれたまえ」
「お仕事であることは理解しておりますよ。ゾキマ・ロキマ隊長」


 天の塔の階段を上がりながら、私は自分自身の、奇妙な平常心に驚いていた。はったりとは違う。逮捕されるかもしれぬという恐怖はなかった。それはもしかしたら、大きな仕事を果たした満足感から来るのかもしれぬ。1ヶ月前ならこうは行かなかった。ゾキマ・ロキマだろうがセミ・ラフィーナだろうが――あるいは、星の神子さまだろうが――斬り倒してでも行かねばならぬ理由が、当時の私にはあったのだ。

 天文泉の守護戦士たちに挨拶をして、羅星の間の前まで来た。扉が小さく開いており、中からかすかに灯りが漏れていた。ふたりの人物が言い争うような声が聞こえた。両方とも女の声である。

「……召喚がとても危険なものだということは、あなたもわかっているはずです……」

 扉から中を覗き込むと、冷静そうな神子さまの顔が見えた。もう一人の姿は陰に隠れて見えない。神子さまがまっすぐ前を向いているということは、同じ程度の身長の持ち主、おそらくタルタルを相手に話しているのだと思われる。

「しかし、連邦を救ったのも召喚だったのです!」
 女の声はたかぶっている。女神のうつし身を前にしているという緊張はないようだ。
「20年前、カラハ・バルハさまがあの魔法を使わなければ、ウィンダスは滅ぼされていました……」

「あなたの言う通りです。しかしその代償として、カラハ・バルハが命を落としたことを忘れてはいけません。過ぎた力はまた、多くの犠牲を必要とします。召喚魔法を決して解き放ってはいけません。それは禁じられた力なのです」
「神子さまは間違っていらっしゃいます。冒険者の間では、すでに認められ、利用されている力です。召喚を禁忌とするのは、古い思想だと私は思います」

「誰がそれを広めたか、突き止める必要があるでしょうね」
 神子さまの答えは冷ややかだった。
「それがアジド・マルジドだとしたら、なおさら闇牢から出すわけには参りません。彼を解き放つには、私の作る闇の札が必要……そして、私にはその気は一切ありません。彼は私の信頼を裏切ったのです。彼は罪を償わなくてはなりません……死ぬまで獄中で過ごすことでね。おわかりでしょう」

 扉が突然開いて、私の傍らを、小さな影が駆け抜けていった。ピンク色のフードがちらと見えた。私は、何事もなかったように部屋へ入っていって、神子さまにかしずき、長い間連邦を留守にしていた非礼を詫びた。

「Kiltrog、顔をお上げなさい」
 私は無言で立ち上がり、改めて深く一礼をした。
「アプルルとの話を聞いていましたか」
 私は頷いた。彼女が手の院院長であることは、言うまでもないことである。

「彼女も、口の院院長のことが気になっているとみえます。私の知る限りでは、ふたりはいつも喧嘩をしておりましたが」
「こう言われましたよ。アジド・マルジドは、ばかでまぬけでとんまだけれど、私のたった一人の、大事なお兄ちゃんなんです、と」
「……」
「しかし、彼女にどれほど請われようと、アジド・マルジドを許すわけにはいかぬのです。彼の行動は常道を逸脱していました。許可なくホルトト遺跡に手を加えたばかりか、聖域であった満月の泉に下りてしまったのですから」
「神子さま……彼のやったことは、本当に闇牢に値するのでしょうか?」

「あなたが思うより、ずっとずっと重い罪なのですよ、Kiltrog」

 神子さまが、じっと私の目を見つめた。私は視線を逸らさなかったが、一方で何を答えることもしなかった。

「満月の泉で、何を見たのですか? Kiltrog」

 私はゆっくりとかぶりを振った。
「何を見たかというより、何を見なかったのかを申し上げる方が、適切のように思います」

「そう……あなたには、わかっているのね」
 神子さまは淡々と言った。
「あなたにも、しかるべき償いを求めねばなりません」

「やはり闇牢でしょうか」

「本来なら、そうすべきでしょう。しかしながら、アジド・マルジドが主犯というのは明白なこと。それにあなたには、大きな借りがあります。闇の王の影が迫るとき、私はあなたをコマとして使ってしまった……しかしあなたは、何の不平を言うこともなく、任務を遂行し、私たちを救ってくれました。
 いわば私は――ウィンダスは、あなたに借りがあるということです。罪を帳消しにするわけにはいきませんが、ひとつの機会を与えることにします。
 ヤグードとの間に行われる、バルガの武闘大会について知っていますか」

 いえ、と私は正直に答えた。

「そうですか。それでは、詳細を説明しましょう。
 バルガの武闘大会とは、ウィンダスとヤグード、互いの信頼を高めるために行われるものです。両国の代表となる勇者が、ギデアスにあるバルガの舞台で闘います。模擬戦ではなく真剣勝負ですから、死者も出ます。危険な大会です……しかもウィンダスが負けると、ヤグードへの敬意を示すために、献上品を増やさねばなりません」

「なるほど」
 私は肩をすくめた。「大した信頼ですね」
「Kiltrog……あなたも、アジド・マルジドと同じ考えなのですか? このような回りくどいことをせず、ウィンダスは獣人と戦うべきであると?」

「戦うことでしか得られない平和もございます。特に相手と、根本的に相容れないようなときには」

「あなたの言う通りなのかもしれませんね」
 神子さまは力なく微笑んだ。
「しかし今、ウィンダスにその力はないのです……私たちに残された方法は、相手の申し出を飲むことだけなのですよ。いかにそれが、不当と思われるものであろうと」

「僭越ながら、不当とは感じませぬが」
 高慢な言い方にならぬよう、私は気をつけた。
「要するに、相手のヤグードをぶちのめせばよろしいのでしょう?」

「頼もしい言葉です、Kiltrog。あなたを呼んでよかった。あなたは、あの闇の王を破った人。ウィンダス代表として、このような大会に出るにふさわしい勇士です。あなた以外の適任者は考えられません。
 私からの指示です。命令と取ってもらってもかまいません。何があっても必ず勝つように――よいですか――敗北は確かに、連邦の不利益になることですが、そちらの心配はいりません。ウィンダスの勇士の命に比べれば、いくらかの献上品なぞ、いったいどれほどの価値がありましょう。
 ご安心なさい。ひとりで挑めとは言いません。ヤグード側は条件として、こちら側の出場者を6人までと定めています。聖者の招待状を持っている者だけが、大会に参加できます。あなたにも一部渡しておきましょう。
 過去、武闘大会は何度も行われました。そのたびに私は、挑戦者に招待状を渡してきました。もしウィンダスで勲功を積んだ者なら、同じものを持っているでしょう――そういう助っ人を探しなさい。バルガの舞台から死なずに戻ったというだけで、相当の実力者のはず。あなたの力になってくれるはずです」

「何人か、心当たりがございます。ご安心下さい。ちなみに向こうは、何匹――何人が出てくるのですか」
「4人と聞いております。いずれもヤグード歴戦の勇者たち」
 私は小さく口笛を吹いた。
「6人のところを4人ですか。嘗められたものだ」

 私は一礼して扉を出た。守護戦士のひとり、ヴァン・パイニーシャが、私にちらちらと横目を送ってきた。

「何だか楽しそうだな」
 そんなふうに見えるかな、と私は言った。
「そうだ……黒い使者の話……」
 ヴァン・パイニーシャは声を落とした。
「ほら……神子さまを襲撃した謎の賊(その265参照)……奴が他国にも姿を現したらしい。いよいよもって正体がわからぬ。もしかしたら、闇の王の残党なのではないか。どう思う?」
 
 私は唖然とした。闇の王は確かに死んだ。しかるに、黒い使者はまだ健在であるという。やはりヤグードなのだろうか? だがそうだとしたら、なぜ他国にまで出没する必要があるのだろう?


(06.03.15)
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット