その443

キルトログ、ホノイ・ゴモイと交渉する(2)

 ひりひり日焼けした肌の痛みに顔をしかめつつ、私はホノイ・ゴモイ邸の階段を上った。老人は前と同じ部屋にいた。「どうじゃ、手に入ったか」と問われたので、私は頷き、問題の品物を差し出した。老人が無言で目を丸くした。

「なかなか苦労したのです」
 彼の前に正座して、私は説明した。
「サボテンダーは、針千本といって、全身の針を飛ばしてくる技を持っていまして」

「ばかものが!」ホノイ・ゴモイは怒鳴り、私が渡したスタースピネルを壁に打ちつけた。

「わしが持ってこいと言ったのは魔導球じゃ! 何だこれは? こんなもんで魔導球を忘れろって言うのか? ええ?」
 
 私は黙ったまま、ホノイ・ゴモイをじっと見つめた。だが彼もさるもの、決して自分から目を逸らそうとはしない。
「お前は何か、勘違いをしておるな」
 吐き出すように言った。「ちょっとこっちへ来い」

 ホノイ・ゴモイは、私を隣室へ誘った。老人が暖を取っていた部屋と同じ作りであるが、隅に大きな宝箱が据えられ、机には珍しい小物が並び、壁には色彩豊かな絵がかかっている。悪趣味なことに絵の下には、本物か偽物かはわからないが、金の延べ棒がうず高く積まれているのであった。


太古の血潮?

「ほら、これを見ろ!」 
 ホノイ・ゴモイは、机の引き出しを勢いよく引いた。私が持ってきたのと同じ晶石が、じゃらじゃらっと音を立てるほどいっぱい詰まっていた。

「わしがナナー・ミーゴに渡したのが、ひとつだけだったと思ってはいまいな? 馬鹿もの、最低でも毎週ひとつじゃ! 言うならば魔導球は、これだけのスタースピネルをくれてやっても惜しくないほど、価値の高いものなんじゃ! 単なるカネの問題ではない。カーッ!!」

 頑張って石を取ってきたのだが、どうやら無駄だったようだ。協力してくれた妻や友達に申し訳ない。スターオニオンズに合わす顔もない。どうあってもこの老人は、実物の魔導球でなければ納得せぬらしい。だがそれはもうジョーカーの心臓なのである。一体どうやって問題をおさめればいいのだろうか?

「いいぞ、返さんなら返さんで。手の院に教えてやるだけだからな……カーディアンに関する罪は重罪だ。いくら子供たちだからって、きつい説教を受けるだけではすまんぞ!!」


 老人が本気でないのは、何となくわかっていた。手の院に密告してしまったら、魔導球を取り戻すことは難しいからだ。とはいえ、ホノイ・ゴモイの怒りと執念は本物である。彼は力の使い方を知っている。あの手この手でスターオニオンズに圧力をかけてくるだろう。子供だからと安穏としているわけにはいかない。果たしてコーラロ・コロたちが、それを無事に避けることが出来るかどうか。

 ひとまず私は、ホノイ・ゴモイ邸での顛末を話しに行った。

「そっかあ……ダメだったかあ」
 団長はがっくりと肩を落とした。
「こうなったら、みんなで考えるしかないなあ……」

「さあ集合!」と彼は、手を叩いて団員たちを呼び集めた。
「セーシュクに!」
 コーラロ・コロは唐突に会議の開催を宣言した。賭けてもいいが、団長は間違いなく“静粛”という言葉の意味は知らないと思う。

「ただ今から、スターオニオンズの、第何回か忘れちゃったけど、キンキュウ会議をハツドウする!」

 わーっ、と子ミスラたちの拍手。

「まどうきゅうを、あのオジーチャンに返すにはどうしたいいか考えようー! それで、なんか、いい考えがある人ー!」

 驚いたことに、すぐ手が数本あがった。副長のハポ・ホッポが、いかにも議長然とした感じで、それじゃ君、つぎ君、というように意見を聞いていった。こんな感じである。

「ダルメルに食べられちゃったことにすればいいぜ!」
 コーラロ・コロが私を見た。私はかぶりを振った。
「海に落っことしたことにするニャ!」
 これも駄目。
「にせものを作って渡したらどう?」
 却下。

「そんなの、いけないよ!」
 叫んだのは私ではなかった。一同は目を丸くして、珍しく眉をいからせているピチチちゃんを見つめた。彼女は興奮が抑えきれない様子だったが、自制心を発揮して、自分の意見をゆっくりと話した。彼女の歳を考えると驚くべきことである。

「スターオニオンズ団は、うそをついたり、だましたりするひとを、許しちゃいけないんだよ。そういうイチミなんだよ」

「うっ」
 コーラロ・コロが心臓を押さえた。団長は顔を伏せて、しばらく唸り――そして、これが彼の偉いところなのだが――再び顔を上げたときには、迷いを吹っ切って、太陽のように晴れ晴れとした表情をしていた。

「そうだ、ピチチちゃんの言うとおりだ! スターオニオンズ団は、正義のイチミなんだ! そのボクらが、ずるい大人の真似なんかしちゃいけない……行こうみんな。水の区のオジーチャンの家へ行って、本当のことを話してあやまるんだ!」


(06.04.24)
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット