その484

キルトログ、天の塔に呼ばれる

 クォン北部は寒冷地として知られる。フォルガンディ地方ほどではないが、針葉樹に囲まれたダボイとて例外ではない。とりわけ、朝まだきの間は。
 セーダル・ゴジャルは、大羊の毛で出来た外套の上から、自身の両肩をかき抱いた。吐く息は霧のように濃い。
 彼は、稜線の白みかかった東の空に背を向け、紫色の空にうっすらと散り残る、星のまたたきを眺めていた。

「流れ星だ」

 一言つぶやいただけだったが、焚き火の近くで横になり、暖を取っていたエルヴァーンのベルナールが起きた。「ご冗談を」と言いながら、彼は頬をこすった。

「そうだね」
 意外なことに、セーダル・ゴジャルは否定しなかった。

「でも……あっちは、ウィンダスの方角だな。何か、あったのかもしれない」
「いつも、祖国のことを気にかけていらっしゃるようですね」
 ベルナールは震えながら火かき棒を取り、赤黒く明滅しているだけの炭をかき回した。火の粉がぱっぱっと散った。

「ねえ隊長。隊長は、ウィンダスへ行ったことある?」
 セーダル・ゴジャルが無邪気に尋ねた。
「あいにくと私は、サンドリア生まれサンドリア育ちです」
「じゃあ、一度おいでよ。ウィンダスはいいところだよ。あったかいしさ。こんなふうに凍えることもない」
「サンドリアも良いところですぞ」
「じゃあ、こうしよう。隊長にサンドリアを案内してもらう。ぼくは隊長をウィンダスへ招待する。名物料理をごちそうするよ。星の大樹もカーディアンも、夜光草も……みんなみんな、見てもらいたいんだ」
「はは。ありがとうございます」

 炎は弱々しくくすぶるばかりである。ベルナールは舌打ちをした。
「この張り込みが、終わったらですな。援軍さえ来れば……」
「隊長、約束だよ」
「ええ。ぜひ」
「援軍が来たら、オークとの抗争も、一段落するだろう……」
 セーダル・ゴジャルは、明るくなっていく空を見上げて、言った。
「そしたら、ぼくはウィンダスへ帰る。旅に出て、ぼくが知ったのは、ぼくがウィンダスをどれだけ愛しているかってこと。サンドリアの人もまた、サンドリアを愛している。それって、すごく素敵なことだと思うんだ。
 もちろん、戦いが終わって、恒久の平和が訪れると思うほど、ぼくはお人よしじゃないけど……。ほんのちょっとだけ、世界を幸せに出来ると思う。そんなささやかな願いくらいは、女神さまもきっと、聞き届けてくれるんじゃないかな」


 私は、奇跡を見た。

 星月の光が迸り、弾けた。幾百、幾千、幾万もの魂の行方。塗り替えられた運命の道筋。私はその片鱗を見た。だが、ここでそれを明かすことは出来ぬ。次の世代の人たちは、彼ら自身の時を生きる。我々は、我々の時を生きるのだ。星読みは彼らにまかせよう――初代の星の神子、リミララさまがそうしたように。

 儀式の間、セーダル・ゴジャルの幻を見たように思った。気のせいだったかもしれぬ。私は疲れていた。闇の王を倒したとき、エルドナーシュを打ち破ったときよりも、格段に疲れていた。もしかして、あれは夢だったのだろうか。というのは、私は満足して、泥のように眠ったからだ。あれほど心地よい眠りについたことは、今だかつて一度もない。

 気がついたら、私はモグハウスのベッドにいた。


 モーグリが、私宛の郵便を届けてきた。裏を見ると、院長の印が押してあった。

 こんにちは。ご無沙汰しています。ご機嫌はいかがでしょうか。

 あなたの任務の話を聞きました。女神さまのご加護がありますように。とはいえ、私は何も心配していません。この手紙が届くころは、無事に任務を終え、既にモグハウスへお帰りになっていると思います。

 私の研究ですが、ようやく形になりそうです。思えば私の旅は、個人的な無念を晴らすためだけのものでした。しかし、フェ・インに篭り、実績を重ねるうちに、私は考えを変えました。タルタルが一体どこから来たのか。それを探ることは、私たちがこれからどこへ向かうのかを知るよすがになると思うのです。それこそ、行き先を見失った、ウィンダス連邦に今必要なものではないでしょうか。

 もう少しすれば、私も帰国できるでしょう。どうぞお元気で。また会える日を、楽しみにしています。

 ルクスス


 天晶歴887年、冬。某月某日。ウィンダスは相変わらずの快晴。ぽかぽかとした小春日和である。

 小さなタルタルの兄妹が、おいかけっこをしながら通り過ぎていく。旅人の群れが、驚きの表情で、カーディアンの案内に聞き入っている。冒険者は競売所へ詰めかけ、あるいは、バザーを開いている商人と取引を繰り返している。

 いつもの光景だ。私はすがすがしい気分になった。

 左手に、堂々とそびえ立つ星の大樹を見た。呼ばれた時間には、まだだいぶ間がある。この美しい風景を満喫するつもりで、私は坂をゆっくり降りていった。

 右手にある建物から、「オホホホ、オホホホ!」という高笑いが聞こえてきた。
 呼び鈴を押して中に入った。シャントット博士が、テーブルの上でくねくねと身を震わせていた。

「あの手袋が、没収されてしまいましたのよ! キーー!」
 私は肩をすくめ、ご愁傷さまでした、と言った。
「わたくし、恨んではおりませんわよ。満月の泉の戦いに呼ばれなかったことも。オホホ! いざとなったら、わたくしの力が必要になるかもしれないと、夜更かしをしておりましたがねえ。結局朝まで誰も……神子さまがご無事で、本当によござんしたわ。オホホホホホ!」

 これはまずい、と思いながら私は後ずさりした。後ろ手にドアを開けて、そっと外へ逃げ出した。
 最後に博士のぶっそうなセリフが聞こえた。
「夜更かしはお肌が……ええいこん畜生、腹が立つ! さて、誰を呪ってやろうかしら?! オホホホ!」


 反面、ヨラン・オラン邸は静かなものであった。兵器開発の礼を言うために、私はドアを叩いた。

ヨラン・オラン

「いやなに、お役に立てて何よりですぞ。ほほ」
 マンドラゴラの瓶の水を取り替えながら、博士は笑った。
「そういえば、ゾンパ・ジッパから手紙が来ましての。連邦に帰参したいそうなんです」
「ああ」と私は言い、高慢な氏の言動を思い出して、何と答えたものか少し迷った。
「そうしたら、彼は隣に引っ越してくることになるわけですね」
「いや……それがですな……」
 博士は渋面を作って私を差し招いた。私は耳を寄せた。
「アジド・マルジドに聞いたが、カラハ・バルハは自分のカーディアンに封命術を使っておったそうで……。それは、とどのつまり、ゾンパ・ジッパが教えたということなんですな……」
「はあ」
「実は、封命術のやり方はレベル3の極秘情報でしてな。他の院長に教えることもならん、違反した場合、最低でも追放、闇牢、場合によっては死刑という罪の重いもので……」
 おやまあと私は言った。
「そう伝えて、帰すなとアジド・マルジドに言われましてね。私も同感ですわ」


 そのとき表の方で、どたばたと騒がしい足音が聞こえた。猫が鼠を追いかけるように、誰かが捕物を行っているようである。やがてバタンと勢いよく扉の閉まる音がした。女の激しい悪態の声が続く。

「さわがしいのは、右隣だけで十分ですわい」

 ミスラがかりかりと爪を噛みながら、通りを戻っていくところだった。私はコル・モル博士のドアをノックし、もう大丈夫ですよ、と言った。そっと扉が開き、タルタルとも思えぬものすごい力で中へ引きずり込まれた。

「おお、君か」
 コル・モル博士は、息を切らしながら言った。
「星の神子さまに呼ばれておるのではなかったのかね」
 今からです、と言って、私は懐中時計を見たが、約束の時間にあと20分もないことに気づいた。こうしてはおられぬ。
「カラハ・バルハが、よろしくと言うておったぞ」
 コル・モル博士の顔を見た。「私にですか」と聞くと、「そうだ」という答えが返ってきた。

「わしはあいつと、満月の光の下で酒を飲んだよ。楽しい宴だった。カラハ・バルハめ、ずいぶん嬉しそうだったぞ。何でも君は、大いなる獣を蘇らせるため、大活躍だったそうじゃないか。奴もしきりに褒めておったよ。
 待てよ……カラハ・バルハは、死んでいるのだよな……」

 私は黙って頷いた。

コル・モル

「……ということは、ありゃ夢かの。いや、夢にしては生々しかったが……。あいつめ、魔法人形はとっとと返せって言いよったわい。死んでおいて今さら人形もあるまいて。ガッハッハ!」
 
 唐突に、ドアがドンドンドンとノックされた。私は飛び上がった。「コル・モル博士!」とヒステリックな叫びがあがる。「仲間を連れてきたよ! 今日こそは逃がさないからね!!」
 扉をがりがりと引っかく爪音の迫力は、猛獣の襲撃を思わせる。巨大竜の迫力にも劣らぬ。私は心底震え上がった。

「きみ、裏窓から出るのだ……。わしがいつも抜け口に使っている」

 ガルカにはとても小さかったが、苦労して潜り抜けた。ばきばきと扉の板のへし折れる音がし、次いで、恐ろしい悲鳴があがった。私はほうほうの態で逃げ出し、天の塔に向かって一目散に走り出した。


(07.02.21)
Copyright (C) 2002-2007 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット