デーモン

 全身を漆黒の殻で覆った、有翼の獣人。人は彼らをデーモンと呼んだ。伝説の悪魔そっくりの存在だったからだ。確かに彼らは世界に恐怖をふりまいた――しかし、本当の地獄の使者なのかはいまだにわかっていない。そもそもゴブリンらと同じ、「獣人」と呼ぶのがふさわしいのかどうかすらも。

デーモン

◆種族的特性

 デーモンの容姿が悪魔の印象を与えるのは、第一に、背中の翼がコウモリを思わせるからだろう。大柄なヒュームくらいの体格であるにもかかわらず、胴が短く猫背である。後ろにカーブした二の足が、俊敏そうな全体のフォルムをかたち作る。手と足はかぎ爪。顔も恐ろしい。外耳が角のように頭部の両脇に伸びている。その耳まで裂けた口と、黄色い燐光を放つ小さな目。全身を覆う外殻からは、たくさんの棘が飛び出ている。こうした外見を考えれば、デーモンの姿を一目見た人間が「これぞ悪魔の姿だ」と思い込むのも無理はないであろう。

 デーモンに関しては謎が多い。闇の王の噂が広まりだしたころ、忽然とバルドニアに姿を現した。従って彼らは、ヴァナ・ディール土着の獣人ではない。一説によれば、闇の王が地獄で契約を交わして、地上に連れて来た種族だという。情報源がはっきりしておらず、噂話に過ぎないように思えるのだが、単なる憶測が真実を突いていることはよくある――デーモンは自分たちを「闇の血族」と呼んでいるが、これは彼ら自身が、地獄の使者だと任じている証拠と捉えるべきなのだろうか?

◆闇の王親衛隊

 デーモンの歴史は――少なくとも、ヴァナ・ディールにおいては――わずか20数年に過ぎない。それも、人類と深く関わったのは、クリスタル戦争戦時の8年間に限られる。以後はバルドニア地方に引っ込み、あるじのいないズヴァール城を守り続けている。最近、闇の王復活が騒がれているが、もしそれが本当なら、再び驚くべき忠誠心で彼につかえ、全世界を恐怖に陥れるかもしれない。

 856年、闇の王の噂が広がりだしたころから、デーモンは彼に付き従っていた。とりわけ強い忠誠心を持った一団は、闇の王親衛隊として王に仕え、手足となって働いた。一般的にデーモンは、他の獣人よりも知力・体力の点で頭抜けている。こすっからいヤグードよりも狡猾だし、大柄なオークより屈強である。魔法の才能にも優れている――しかも王には絶対忠実。

 「闇の王親衛隊」という名がついているが、各獣人軍に派遣されて指揮を取る者、伝令や督戦官となる者など、任務はさまざまであり、必ずしも王の護衛を主体としたものではなかった。中でも貴種と呼ばれるエリートたちは、将軍格の働きをして王を助けていた(注1)。獣人軍は一丸となって人類と激突したが、共闘意識のうすい獣人たちを統率するには、デーモンのような優れた士官が必要だったのである。

◆エクソスケルトンアーマー 

 デーモンについて謎が多いのは、彼らが明らかにしないからだけではない。研究してもよくわからないものもある。エクソスケルトンアーマーもその一つである。

 デーモンの身体を覆う漆黒の鎧が、彼ら自前の外殻であるのか、甲冑であるのかは、以前から問題となってきた。エクソスケルトンアーマーと呼ばれるそれは、硬度が高く、そのうえ柔軟性に富んでおり、魔法に対する抵抗力も高いという素晴らしさだった。アーマーには不思議な能力が備わっており、人間が二次的に加工後、使用するのは可能だ。例えば、頭骨を使ったデーモンヘルムは、勝手に首を動かして、身の危険が迫ったことを教えてくれる。デーモンハーネスの中には、細分化された頭蓋が織り込まれており、体力を魔力に変える手助けをする。ただしこうした力は、デーモンが本来使用している能力の一部でしかない。本体のデーモンが死んだ途端に、アーマーの抗魔性は大幅に損なわれてしまうのである。

 生物学研究の権威、ウィンダス鼻の院院長ルクススは、アーマーにデーモン本体の神経が伸びているのを発見、これを外骨格と断定した。だが、バストゥークの鍛冶師ゲンプは、アーマーに溶接の後が見られること、骨格はデーモンの体内に独立していることなどから、これを甲冑と推定した。両者の考えはいまだに一致していない。

 大戦後20年を経た今も、デーモンは相変わらず不思議な存在だ。彼らは単なる獣人なのか、それとも地獄の使者か? 闇の王が死んだのに、なぜ姿を消さないのか? 結局人類には何もわかっていない。この先、科学と魔法の力によって、デーモンの正体を暴ける日は来るのであろうか?

デーモンポーン 歩兵。ザルカバード会戦では、驚異的な進撃速度で連合軍を震え上がらせた。
デーモンウィザード 魔道士。高位の黒魔法を習得しており、ザルカバード会戦では、連合軍を恐怖のどん底に陥れた。
デーモンナイト 騎士。闇の王伝令隊残党。各地で戦う獣人の部隊まで飛び、王の指令を伝えていた。
デーモンウォーロック 魔法使い。闇の王伝令隊の残党。エレメンタルを飛ばし、王の残像を獣人たちに見せていた。
デーモンコマンダー 司令官。闇の王親衛隊の残党。各獣人基地に派遣され、王の目となり督戦していた。
デーモンジェネラル 将軍。闇の王親衛隊の残党。各獣人軍団に派遣され、王の手となり指揮していた。
デーモンマジストレイト デーモンの行政長官。獣人が征服した人間の町に派遣され、もっぱら守備する獣人の規律監視に努めた。
デーモンチャンスラー 裁判官。逃亡兵などを軍事裁判にかけ、全軍の規律を引き締めていた。
ブラッドデーモン 殺戮のデーモン。闇の王親衛隊残党。幾多の敵の民を屠ったとして、王から「殺戮」勲章を授与された者。
アビサルデーモン 奈落のデーモン。闇の王親衛隊残党。敵の砦を陥落させたとして、王から「奈落」勲章を授与された者。
アーチデーモン 首座のデーモン。闇の王親衛隊残党。敵の首狩り競争で優勝したとして、王から「首座」勲章を授与された者。
ドゥームデーモン 破滅のデーモン。闇の王親衛隊残党。敵の部隊を全滅させたとして、王から「破滅」勲章を授与された者。
スティジアンデーモン 地獄のデーモン。闇の王親衛隊残党。戦場に地獄絵図を描いたとして、王から「地獄」勲章を授与された者。
ゴアデーモン 流血のデーモン。闇の王親衛隊残党。幾多の敵兵を殺したとして、王から「流血」勲章を授与された者。
ドレッドデーモン 恐怖のデーモン。闇の王親衛隊残党。他の獣人を恐怖で縛り、見事統制してみせたとして、王から「恐怖」勲章を授与された者。
ジューディケーターデーモン 審判のデーモン。闇の王親衛隊残党。幾多の人間に生死の審判を下したとして、王から「審判」勲章を授与された者。

◆貴種たち
デューク・ハボリュム ハボリュム公爵。闇の王の信頼深く、大戦時には全軍を束ねる元帥として活躍、王の間に敵が迫ったときにも最後までつき従い、忠誠心を見せた。
グランド・デューク・バティム バティム大公。闇の王が最大の礼を尽くして迎えたデーモン族の重鎮。ただし大戦時には、高齢を理由に戦闘には参加しなかった。
マークィス・アロケン アロケン侯爵。闇の王の天文官を務めていたが、先の大戦では、敗戦と王の死をいち早く察し、逃亡した。
マークィス・アモン アモン侯爵。先の大戦では参謀長を務め、数十にものぼる寄せ集めの獣人軍団を巧みに配置し、幾多の戦闘を勝利へと導いた。
バロン・ヴァプラ ヴァプラ男爵。かつて大公の位にあったが、さる事件で敵ヒューム黒魔道士の命を助けてしまい、貴族界最大の屈辱とされる降格処分を受けた。
バロネット・ロムウェ ロムウェ准男爵。ヤグード族の督戦官として活躍したが、あやまって彼らの大僧都を処断してしまい、騒ぎが大きくなったため更迭された。
カウント・ビフロンス ビフロンス伯爵。はるか昔、さる優れたヒューム軍師に乗り移っていた時期があり、そこで戦略を学んだ。大戦時にはオーク軍の客将として活躍した。
ヴァイカウント・モラクス モラクス子爵。ズヴァール城を設計した建築士として知られ、彼が召喚したエレメンタルによって、城の縄張りが決定された。

注1
 貴種のみのデーモンが集まった
キンドレッドスピリッツという一団もいた。彼らは蒼の血族と称される。ウィンダスに伝わる昔話「4匹の悪魔がどんがらどん」に出てくる悪魔ではないかと考えられている。
 忠誠心といえば、
キンドレッドウォーリアーと呼ばれる種もある。闇の王と直接血盟し、狂信的な忠誠心で彼に仕えたという。

(06.02.15)
Copyright (C) 2002-2005 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット