その401

キルトログ、アルドを再び訪ねる(3)

「みんなで力を合わせれば、出来ないことは何もない」

 我々は呆然として、そのゴブリンを見つめていた。マスクと鎧で、常に全身を覆っている種族である。人間の視点からすれば、男か女か、若者か老人かも区別が難しい。ゴブリンはみんな“彼”に似ているのだ。だから、別人であると考えるのが自然だし、論理的だろう。何故なら、“彼”はもうこの世にはいないのだから。

 だが、私の目には、ゴブリンは“彼”そのものに見えた。見かけだけなら似ている者は大勢いるだろうが、声の調子、立ち振舞い……何より、こんな場末の花壇に来て、芽が出たばかりの種を愛でるようなゴブリンは、“彼”、たったひとりしか考えられない。

「フィック……?」
 フェレーナが、おそるおそる名前を口にした。私には禁断の一言に思えたが、名前を呼ばれても、“彼”は消えなかった。相変わらずそこに立って、マスクの奥から、私たちに笑いかけていた(何故か私にもそのことがわかった)。

「ギーベの言う通り、芽が出たら、花も咲く。花が咲けば、幹も伸びるだろう。でもフィック、もうそれは出来ない。みんなに任せるしかない。みんななら、きっとうまくやってくれると思う。だから、心配はしてない」

 不思議な光景だった。誰もがフィックを見ていた。もうずいぶんと前に、オズトロヤ城で亡くなったはずの彼を。
「……フィック、生きてたんだね?」
 パヤ・サブヤが、小さな声で尋ねた。子供ながらに、否定の言葉が返ってくるのを恐れているようだった。フィックはそれには答えなかった。肯定も否定もせず、少年たちに優しい一瞥をおくった。
「大丈夫。フィック、いつでも一緒にいる」


「フェレーナ……フェレーナに、言っておきたいことがあった」
「なあに……フィック?」
「こんな気持ちになったとき、何と言うんだったかな? フェレーナ、最初に教えてくれたんだ、人間の言葉。
 そう、そうだった。こう言うんだ。
 アリガト、って」

 フェレーナの両頬に、涙の筋がつたった。彼女は突然うつぶして、「ごめんね!」と叫び、泣きじゃくった。
「フィック、ごめんね! 私……ずっとここに来れなかった! 近ごろ、自分のことばっかりで……ずっと……」
 私は背後に立って、そっと彼女の肩を支えた。

「泣かないで。フェレーナが泣くと、フィック、とても悲しい」
「ええ、そうね……そうだったわね。あなたはいつも、優しかった」
「優しかったのはみんなのほう。フィック、とても幸せだった」


 彼が、私たちに向き直った。私ははっとした。フィックが私たちに、別れの言葉を言おうとしていることがわかったからだ。
 場が凍りついた。

「みんな、アリガト。本当にアリガト。
 これ、フィックの大好きな言葉。獣人の知らない言葉。仲間たちに教えたかった。でも、もう出来ない。だからみんなに、もう一度言いたかった」

「俺たちが教えてやるよ!」
 ギーベが声を張りあげた。
「俺とパヤ・サブヤで、獣人に教えてやるよ! フィックの出来なかったこと、俺たちがやってみせるよ!」

「アリガト。みんな、とてもいい人たち」
 彼はにっこりと微笑んだ。この場にいる誰もがそれを見た……アルドでさえも。
「フィック、まだまだ話したいこと、いっぱいある。言いたいこともいっぱいある。だけど、時間がない。だから……。
 アリガト! アリガト! フィック、本当に幸せだった」
 彼はミトンに包まれた手を、不器用に振った。
「サヨナラ」


 一陣の風が吹き抜けた。私は目を瞑った。顔を上げると、ゴブリンの姿は、どこにも見当たらなくなっていた。「フィック!」「フィック!」 少年たちが彼の名前を呼び、往来に駆け抜けていった。フェレーナは身を折ったまま、しくしくと泣き続けていた。
「フィック! フィック! あなたのような勇気が、少しでも私にあれば……」

「何なんだ、あれは……」
 傍らでアルドが、呆然と立ちつくしていた。
「あれは、フィックの……そっくりな誰かなのか? まるっきり本物だったが……幽霊? だって、こんな昼間っから……」

「お化けを信じるんじゃなかったのか」 
 私は彼に微笑んでみせた。
「さあ、風が冷たくなる。妹さんの身体にさわるかもしれない。早く下層に戻って、彼女をベッドに寝かせた方がいいだろう」


(05.09.27)
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット